読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Long Dog Never XXX

日々の溢れ出す想ひ

井の頭公園に置き去りにされていたゴールデンレトリバーを保護→飼い主から返還請求&損害賠償請求されているというお話

FACEBOOKにてシェアされている件ですが、犬を飼うものとして見過ごせない問題なのでブログでも言及。

 

詳細は当事者(保護した方)のFACEBOOK(リンク先で確認できます)に記載されていますが、この内容が事実だとするとそれだけで飼い主(と主張する方)に犬は渡せないなあと。

 

私はコンビニの入り口に犬を繋いで自分だけ中に入ることですらできません。

鍵さしたまま車とめるとか、鍵かけずに自転車とめるとか、所有権的に考えればそういうことですよね。

 

叙情的に言うと、一人で置き去りにされる犬がかわいそうだし、通行人にも愛想ふりまいたり知らない人に撫でられて喜ぶような犬じゃないので、怖い思いさせるだけだなと思う次第なのです。

 

飼い主のほうの主張がわからないので、全ての事情を知っているわけではありません。

断片的な情報だけで判断するのも危険なのですが、保護されている方は自分の正当性を主張することがメインではなく、保護した犬が置き去りにされていたことを客観的に証明できる第三者を探しているようなので、そんな人が見つかってくれればいいなあとは思います。

 

裁判になっているので、あとは裁判官の判断になるんですが、法律上は単なる動産であるペットの所有権を争うのは保護した方にとってかなり不利な状況かと思われます。

でも、心無い飼い主のもとに戻すのはなんともやりきれないですね。

 

レトリバーはかなり高齢だそうなので、時間稼ぎで裁判長引かせちゃうってのはどうなんでしょうかねw

何年も裁判が続けば相手も根を上げるじゃないかと・・・w

もちろん、裁判費用がかなりかかってしまうので、そこは援助するファンドを立ち上げればかなりネットで拡散されているのでそれなりの資金が集まるんじゃないでしょうか。